Blog

KAJIYAさん(松本市)

クリスマスの頃、松本市の郊外にあるKAJIYAさんにお邪魔しました。一度行ってみたいと思っていた場所です。震災をきっかけに移住なさった若いご夫婦が、住むところから食べるものまで、いい意味で、こだわって運営しているカフェレストラン兼ゲストハウス。写真が多いです。

img_00221

敷地内の山を背に、南向きの立派な農家。この屋根は、ご亭主が有志と一緒にいったん壊して、瓦を拭き替えたものというから驚きです。

img_00201

どこか懐かしさを感じるたたずまいの玄関口。

img_00044

入って左の大広間がカフェ・スペースになっています。壁に漆喰を塗って、新たに設置された薪ストーブの火が暖か。

img_00021

野山の素材をからめて仕上げた電灯、おもしろいです。

img_00052

こういうのもありました。これは何の実でしょう。造形的でありながら、遊び心が感じられます

img_00084

カフェの空間から、母屋の前に広がる畑が見えます。縁側には、仕込んだ味噌の樽、ベランダでは、大根とシイタケを干しているところ。

img_00103

さあ、では、奥様がつくられるというマクロビオティックのランチをいただきましょう。

img_00113

私の頼んだランチプレート。たっぷりのお味噌汁。ご飯は、長岡式酵素玄米。

img_00182

ちょうど二階ギャラリー・スペースで作家さんの展示販売会が行われていたので見学。ここにもストーブが設置されていますが、本棚になっている壁が魅力的です。

img_00164

古道具も扱っていらっしゃいますが、目を引くのは、このひょうたんランプ! ひじょうに細かい根気のいる作業なのが伺われます。

img_00171
ギャラリーから畑を見下ろしたところ。この二階は、宿泊の際のお部屋として使われることもあるとのことでしたが、昔のものとモダンのものとが混在した美しい空間でした。
img_00232

母屋の改築の様子、それから、敷地の奥の離れ「小屋」の建築の様子をまとめたアルバムを見る、、、。同じようなコンセプトで「古民家カフェをやりたい」という人たちの訪問が途切れない様子だと、見受けられます。私たちが伺った時は空いていて、喧噪から離れ、子供時代に祖父、祖母の家で味わったような空気を満喫してきました。

KAJIYA

(場所は、安曇野ICから15キロほど離れた旧四賀村というところです。営業時間を確認した上での訪問をお勧めします。)

モン マルシメ

三連休は、お天気がぱっとしませんでしたが、ずっと部屋にこもっているのも何なので、ちょっと出かける、、、 さて、どこへ行こうか。前から目をつけていたレストランの話をしたら、運転手(夫殿)がその気になったので、長野県の飯綱町まで出かけてきました。

img_00012
お目当ては、モン マルシメさんです。売り切れちゃったら終了のお店、正午を少し回った頃だったけれど、間に合いました。

img_00042

ランチ・プレート。なんと、好きなものをお代わりすることができます。新興住宅街の中に普通にある住宅が店舗ですが、こだわりを持って建てられたお店は普通じゃありません。

ナビがないので、今回も行き着くことができるか、、、 と、思いつつ出かけて行くのではありますが、毎回、まあ、何とかなりますね。

img_000111

おいしい料理をつくりたかったら、おいしい料理を食べてみる、、、 これからしばらく、カレー料理が続くかも。

じろばた

急に気温が低くなってきました。あれ? こんなところに葉っぱが落ちてる、、、 と思ったら、蛾でした。
img_00054

アパートの北側通路に止まっていたので、南側の陽の当たる場所へ移動させました。羽があたたまったら飛んで行くんじゃないか、、、 と。

img_00041

夫のお使いで、十日町の旧川西町までコーヒー豆を買いに行きました。「千年の湯」に入ってこようかと思ってたけど、足湯だけ。ここのお湯は、すごく温まります。足湯だけでもポカポカ。中は、平日でも結構混んでいます。

img_00031

それから、地元のお母さんたちがやっている「じろばた」というお店に行きました。食べ損ねたお昼の代わりに、サツマイモとアヅキの入った”あんぼ”を、無料のお茶、お漬け物と一緒に食べていたら、まかないのお母さんが、「お汁、良かったらどう?」とけんちん汁を持ってきてくれました。ごちそうさま。

水上の街へ

週末、谷川岳のトンネルを抜けて、群馬県の水上温泉に行ってきました。しょっちゅう関越を走っていても水上で下りることはなく、前回訪れたのは25年以上前のことだそうです、、、 って、夫に教えてもらうまで、かつて来たことがあったのすら忘れていました。

img_00021

だから、今回行ってみたら「へぇ~、水上ってこういうところだったのねぇ」と新鮮でした。それで、目的地は、こちら。

img_00051

車にナビはついてないし、地図は持ってないし、出かける前の日にネットで何となく場所を調べただけでしたが、温泉街をぐるぐる走っていたら、奇跡的にたどり見つけることができまして、、、 ホント、よくたどり着けたと思うワ。決して分かりやすい場所にはありませんが、でも、素敵な雰囲気のSumika Livingさん。

img_00061

洋風と和風のランチ・プレートをひとつずつ。

img_00031

長岡酵素玄米のおにぎりをパクパク。器の中には、おぼろ豆腐のオリーブ・オイルがけ。和風のお惣菜、口直しのあんこ。

img_00041

ベーグルは、六日町の「まつえんどん」さんのものでしたので、え、わざわざ取り寄せてるの? と、思ったら、オーナーさんのお母さまが六日町のご出身で、そのつてがあってとのことです。他のお客さんがいなかったので、お店の方とゆっくりおしゃべりしてきました。

img_00071

お隣にナヘレさんという雑貨のお店があります。ここは、お店のオーナーさんのアトリエにもなっています。もう、うらやましくって、カントリー・マウスのアトリエを、もう一度構えることを妄想しちゃった。

img_00091

ここには、群馬で羊毛を扱うパオさんが、定期的に羊毛や毛糸を使ったワークショップを開いていらっしゃるそうです。

img_00101

そのあと、湯テルメ(水上温泉)の露店風呂に、ゆっくり入ってきました。こちらの温泉は、温度が少し低めで、長く入っていられます、、、 が、公共の場所なのか、最長二時間までの利用が目安と言われました。道の奥の方にも、面白そうなところがあるんですよね。近いから、もう一回行ってみたいと思います。

蓼科、夏の終わり

遊び足りないまま夏がゆく~、と、いうので、諏訪大社に詣でた後、以前から行ってみたいと思っていたところ(こういうところばかりですが)に行ってみました。

img_00121

そこは、え~、この道で間違いないの? という細い道を走り、小さな集落の中に入ったところにあります。

img_00131

この地域特有の大きなひさしの出た古民家。ここは、蓼科須栗平にある陶仙房というギャラリー兼カフェ。

img_00151

だ~れもいない静かな隠れ家風でしょ。ところが違うの。皆さん、よ~くご存じのようで、とても混んでおり、席につくのに30分以上待ちました。

img_00161

でも、それも無理はない、、、 と、納得できる素敵な空間です。

img_00191

はるばるやって来た記念に、白い釉をかけて焼いたコーヒーカップ、もしくは奮発してティーポットを買いたいところだったのですが、夫に「また、今度来た時ね」と言われました。私は、一度来れば二度目はない、と、いう気持ちで来るのですが、、、 こういうところに性格の違いが出るみたいです。

img_00201

古代米のおにぎりのプレート。

img_00231

天然酵母パンとキッシュのプレート。キッシュが美味で、、、 来て良かった~、と、思いましたワ。

さて、その後、やって来た細い道をさらに山奥へさかのぼり、、、 こちらへ行ってきました。

img_00251

あれ? 白い馬がいるはずなのに、、、、 のここは、東山魁夷画伯の絵で有名な御射鹿池(みしゃかいけ)です。

img_00241

ちょうど真ん前で道路工事やってたから風情も何もあったものではありませんでしたが、冬にでも来たら、、、 ここは、寂しいところだろうなぁ、と、思われました。