Blog

キットのスヌード

ベルンド・ケストラーさんのキットを編みました。首周りは筒形ですが、肩にかけて広がっていて、肩先もあたたかい、良いデザインだと思います。糸も軽いので肩がこらなくていいのでは?

img_00021

最初、指定の6号針ではうまくいかず、、、 5号針にしてみたら、うまくいきました。編み物って、リズムのようなものがあるんですね。それに乗れるとサクサク進むのですが、そうなるまでは、何度もやり直ししたりすることになるの。

img_00041

これは、とてもお世話になった方へのプレゼントとして編みました。ナチュラルな雰囲気ですねぇ。自分用に編むとしたら、色変わり糸じゃなくて単色、それも、派手な色にしたいわ。

ブリオッシュ・スティッチで編んだスヌード

しばらく夢中で編み物をしていましたが、ようやくスヌードが完成しました。

img_00032

これは、「ブリオッシュ・スティッチ(brioche stitch)」、「フィッシャーマンズ・リブ(fisherman’s rib) 」、あるいは、「イギリスゴム編み」と呼ばれる編み方です。まず、右側から地糸で編み、続いて、もう一度右側から配色糸で編むと表側一段が終わり、裏側は、これを繰り返します。

img_00061

しかし、これだけでは良く分からないので、動画を見て編み方を調べたのですが、右手に糸をかけるアメリカ式の動画はたくさんあるけれど、左手に糸をかけるフランス式のものは少ない、しかも、輪編みにしたい、、、、 と、いうので、解読に時間がかかり、編んではほどき、、、 を繰り返しました。編み方そのものも、ただのメリヤス編みに比べると時間がかかるものでした。

色のコントラストがきれいに出るように、好みのピンクにしたら、大変きれいな出来上がりです。けれども、また問題が、、、

img_00041

仕上がり120センチをめざしたのに、出来上がってみたら160センチぐらいあるのでした。(ゲージはどうした! ) これでは、私には長すぎる、、、。ほどいて編みなおす気力はないし、これにかけた時間を考えると、とてもできない、、、。 それで、欲しいと言ってくださった友人にお譲りすることにしました。私よりずっと背の高い人なので、このぐらい長くても大丈夫、色もお似合いだろうと思われます。

でも、編んでいて面白かったわ。だから、また、編みたいと思ってます。

記念すべきZちゃん

ご注文をいただいて作ったZちゃんの写真です。

img_00071

オーストラリアから帰国した年、これから作っていくお人形にアルファベットの名前をつけようと思って作り始めましたが、10年で、ちょうど26体を数えました。

img_00041

編み物、縫物、手仕事一般が好きなもので、作っているのはお人形だけではないため、数としては、あまり多くはありません。一周りしたところで、もう、お人形を作るのはやめようかと思ったこともあるのですが、ご興味を持っていただくことも、まだ途切れず、作り方を教えてほしいという方も少なからずいらっしゃるので、もうしばらく、無理せず続けていこうと思っております。

Zちゃん

Zちゃんは、長くて豊かな三つ編みの女の子。このタイプをご注文いただくことが一番多いですが、記念すべき一体となりました。

img_00101

三つ編みは、結ぶ位置で雰囲気が変わります。

他の方の作るものと実際に比較したことはありませんが、私の作るウォルドルフ人形は、羊毛がかなり硬めに、しっかり詰めてあると考えます。羊毛は、いずれ縮んでくるので、この方が長く持つのではないかと思われます。

作った数は26体と言いましたが、実際は、プラス10体ぐらいでしょうか。オーストラリアでも作っていたので、それらも合計すると総数は50体ぐらいかな?

その中には、市販のキットを購入したけれども仕上げることができないので代わりに作ってほしい、というリクエストもあって、キットをお送りいただき、形にしたものが含まれています。今でもなかなかうまくいかなくて苦戦してる時があるのですが、手にとったお子さんが喜ぶ場面を想像して頑張ってるというところです。

ミトンの仕上げ

「北欧風のミトン」を仕上げました。裏糸のテンションをそろえるという課題がありそうです。

img_00011

でも、暖かく、華やか。いずれ、違う色の組み合わせでも編んでみたいと思います。

虹色のドラゴン

ご注文をいただいてレインボー・ドラゴンを作りました。

img_00043

今回は、独創的な刺繍をドラゴンの羽の部分に施しております。ご注文いただいた方に合わせて作っていくようなところがありますので、そこを写した写真は、お見せできません。

見る人を魅了する不思議なドラゴン、今後は、もう、こういうものを作ることはないのではないか、と、いうようにも思われます。