Blog

地蔵清水

山間の町は、朝は遅く、日暮れは早いものですが、あっという間に日が傾いてくるように感じられる今日この頃です。

img_00061

週に二回ぐらい、お水を汲みに行きます。冬が来て、雪が積もる前に、なるべく身体を動かしておかないと、、、。

img_00041

img_00031

お地蔵様の清水は水量が豊かなもので、ここに来ると、なんだか、とても豊かな気持ちになれるのでした。

img_00051

こういう場所もあるところを見ると、案外、個人のお住まいの敷地内にも湧き水があるのかも。もし、そうだったらうらやましい。水があるっていいなぁ。

img_00021
秋の色が濃くなってきました。

赤い実、青い実

夫に、「ほ~ら、見て見て!」と言って見せたら、「それは、、、 食えるのか?」と聞かれた、、、。

img_00011

これは、ハナミズキの実ですよ。これが今、街路樹にいっぱいなってるの。たまらないわ。

img_00021

そして、こちらはアオツヅラフジ。きれいでしょう。夫からは、これも「食べられるのか」と質問あり。

これね、今をときめく魚沼基幹病院前の道端にあって、ひっきりなしに駐車場から出入りする車を運転している人たちは、かがみこむようにして、からまったツルをほぐしている私を、奇異なものを見つめる目で見ていたと思われるけど、これだけは見つけると採らずにはいられない、、、。でも、全部は採らないの。もしかしたら、小鳥のえさになるかも知れないし、来年もまた出てきてほしいから。
img_00031

とにかく、急速に開発と整備が進む地域なので、来年は、その場所に出てくるかどうか分かりません。この実を少し、k土手のところにでも植えてこようかしらん。

季節はめぐる

町の真ん中を流れる魚野川添いの堤防を歩いていて、思わず、「おぉっ!」

img_00081

野ばらの実がたっくさんあります! 河川敷のヤブが、うっすらオレンジ色に見えるほど。

img_00041

来年、ここに、ひと葉さん(ただいま北海道で充電中)を案内しよう。

そして、「たくさんあるから、好きなだけ採っていいわよ」と言おう。

img_00071

あ、ちょっとは手伝おう。

ピクルス

最近の果物は糖度が高く甘いですが、小さい頃から、好んで果物を食べるということがありませんでした。なぜなら、酸味がとっても苦手だから、、、。そんな風なので、酢の物なんて滅多に作らないんですけど、豊富にある夏野菜を使って、ピクルスをつけてみました。これは、キュウリと玉ネギね。

IMG_00081

これをひと口食べた夫は、「こういうものを家で食べさせてもらえるとは、、、!」なんて叫んでるの、、、。

なんじゃネ!

IMG_00091

レシピは、こちらの本のものです。図書館から借りてきたのだけれど、野菜料理をめぐる素晴らしい内容です。

IMG_00101

いつか、この大きな株立ちのセロリのスープ煮を作ってみたいなぁ。

IMG_00111

こちらは、黄色と赤のピーマン(パプリカ)を漬けたピクルス。何の本に載っていたか、ちょっと記憶がありません。

これに対する夫の評価は、無言、、、。もう、なんじゃネ!

プチ・トマト

台風の影響によるフェーン現象で、日差しと、その照り返しが強く、風もオーブンを開けた時の熱風のようで、オーストラリアの真夏を思い出させます。

しかし、こういう時にこそ、楽々つくれるものを、、、

IMG_00011

農協の直売所で買ってきたプチ・トマト。
IMG_00021

半分に切って、塩をふり、天日で乾かしています。右側の小さくなった分は、昨日干したものです。半分くらいに縮んだら、オリーブオイルにつけるつもり。

この強烈な暑さの中で、あと楽しんだものは、ヨーグルトです。こちらは、市販のヨーグルト大さじ3、同量のハチミツ、40度くらいに温めた牛乳をサーモスに入れて、ベランダに置くというもの。甘酒をつくったり、酵母を起こすのには苦労しないお天気。