北欧風のミトン

前に予告しておいた通り、すぎやまともさんのご本を見ながら、北欧柄のミトンを編んでみました。

img_00011

向き合った小鳥の模様が素敵。赤と白なのも私好み。

img_00061

こちらは裏です。渡す糸のテンションをそろえること、編みくるみの仕方、いろいろ勉強になりました。

しかし、編み込みに関しては、気をつけていても、どうしても間違いが出ちゃうもの。

image1

たとえば、縦に白の線ができるようにするところ、赤が入って、白の線が途切れてしまいました。

image2

ここは、飛び飛びで白が入るところなのに、一箇所、赤になってしまいました。

img_00051

手首のスカラップ模様にも苦戦して、何度も、やり直ししました、、、。

実家の母に電話で、「編み物してるけど、間違えてばかりで、なかなか進まないのよ。」と言ったら、、、

「難しいものを編んでるからでしょ。」と、まるで、お見通しな返事でした。

だって、難しいものの方がおもしろいんだもの、、、 さて、次は、左側を編む前に、全然別なものにチャレンジします。