お洋服用の布

新潟で月一回開いているウォルドルフ人形教室の生徒さんからリクエストがあったため、お人形の服を作るのに良さそうな布をとりよせてみました。

IMG_00022

今回は、私の現在の気分を反映してか、こんな色、柄です。このような色、柄は、お好みですが、細かいプリントの方がお人形には似合うようです。

素材は全て木綿ですが、織り方が違います。中央と右の二つは、スケアーと呼ばれます。左と中央のプリントのデザインは似通って見えますが、全然別のメイカーのもので、左はローンです。ローンは、スケアーよりも、ずっと細い繊維が使われており、織りが細かく、手触りもなめらかです。

新潟で月一回開いているウォルドルフ人形教室の会場は、アトリエ・イマージュさん(古町の三越のすぐ近く)。開催は、毎月第四金曜日です。ご見学も受け付けておりますので、ご興味がおありの方は、お気軽にお問合せくださいませ。次回の開催は、5月27日金曜日の午前10時からです。