水上の街へ

週末、谷川岳のトンネルを抜けて、群馬県の水上温泉に行ってきました。しょっちゅう関越を走っていても水上で下りることはなく、前回訪れたのは25年以上前のことだそうです、、、 って、夫に教えてもらうまで、かつて来たことがあったのすら忘れていました。

img_00021

だから、今回行ってみたら「へぇ~、水上ってこういうところだったのねぇ」と新鮮でした。それで、目的地は、こちら。

img_00051

車にナビはついてないし、地図は持ってないし、出かける前の日にネットで何となく場所を調べただけでしたが、温泉街をぐるぐる走っていたら、奇跡的にたどり見つけることができまして、、、 ホント、よくたどり着けたと思うワ。決して分かりやすい場所にはありませんが、でも、素敵な雰囲気のSumika Livingさん。

img_00061

洋風と和風のランチ・プレートをひとつずつ。

img_00031

長岡酵素玄米のおにぎりをパクパク。器の中には、おぼろ豆腐のオリーブ・オイルがけ。和風のお惣菜、口直しのあんこ。

img_00041

ベーグルは、六日町の「まつえんどん」さんのものでしたので、え、わざわざ取り寄せてるの? と、思ったら、オーナーさんのお母さまが六日町のご出身で、そのつてがあってとのことです。他のお客さんがいなかったので、お店の方とゆっくりおしゃべりしてきました。

img_00071

お隣にナヘレさんという雑貨のお店があります。ここは、お店のオーナーさんのアトリエにもなっています。もう、うらやましくって、カントリー・マウスのアトリエを、もう一度構えることを妄想しちゃった。

img_00091

ここには、群馬で羊毛を扱うパオさんが、定期的に羊毛や毛糸を使ったワークショップを開いていらっしゃるそうです。

img_00101

そのあと、湯テルメ(水上温泉)の露店風呂に、ゆっくり入ってきました。こちらの温泉は、温度が少し低めで、長く入っていられます、、、 が、公共の場所なのか、最長二時間までの利用が目安と言われました。道の奥の方にも、面白そうなところがあるんですよね。近いから、もう一回行ってみたいと思います。