Blog

新潟の皆さんの作品

春から月一回の頻度で通い、新潟市内でウォルドルフ人形教室を開催していましたが、今回ほぼ全員が完成しました。通っていただいた皆様は6名、同時並行で複数作られた方がいらっしゃいまして、完成したお人形の数は全部で9体です。全てではありませんが、写真でご紹介致します。

img_00022

こちらのお人形を作られた方は、パッチワークがお得意で、フェルトのブーツもチャチャっと仕上げられ、このお洋服も手縫いで作ってらっしゃいます。

img_00042

教室の場所をご提供いただいたイマージュさんの作品。あどけない表情は、あらかじめねらってできるものではありません。

img_00031

アップでは、こんな感じ。ていねいに仕上げていただいただけあって、完成度の高い出来上がりだと思われます。

img_00062

右の二体は、同じ方の作品です。右から二つ目のお人形の髪型は、おかっぱです。お洋服は、本を見てお作りになっていますが、右端のお人形のかぶっている帽子がかわいい。

yk

イマージュさんのお人形に似ていますが、こちらは別の方の作品です。今回は、髪の毛の色を二種類(亜麻色のモヘア、こげ茶の極細毛糸)ご用意しました。長くてからみやすいため、撮影時は三つ編みにしていますが、長く垂らしたり、アップにしたりするのは、お好みです。

とりあえず完成を見て、ほっとしているところです。ウォルドルフ人形教室は、お作りになりたい方が数名集まってくださるのであれば、また、開催するつもりでおります。ご参加いただいた皆様、どうもありがとうございました。

蓼科、夏の終わり

遊び足りないまま夏がゆく~、と、いうので、諏訪大社に詣でた後、以前から行ってみたいと思っていたところ(こういうところばかりですが)に行ってみました。

img_00121

そこは、え~、この道で間違いないの? という細い道を走り、小さな集落の中に入ったところにあります。

img_00131

この地域特有の大きなひさしの出た古民家。ここは、蓼科須栗平にある陶仙房というギャラリー兼カフェ。

img_00151

だ~れもいない静かな隠れ家風でしょ。ところが違うの。皆さん、よ~くご存じのようで、とても混んでおり、席につくのに30分以上待ちました。

img_00161

でも、それも無理はない、、、 と、納得できる素敵な空間です。

img_00191

はるばるやって来た記念に、白い釉をかけて焼いたコーヒーカップ、もしくは奮発してティーポットを買いたいところだったのですが、夫に「また、今度来た時ね」と言われました。私は、一度来れば二度目はない、と、いう気持ちで来るのですが、、、 こういうところに性格の違いが出るみたいです。

img_00201

古代米のおにぎりのプレート。

img_00231

天然酵母パンとキッシュのプレート。キッシュが美味で、、、 来て良かった~、と、思いましたワ。

さて、その後、やって来た細い道をさらに山奥へさかのぼり、、、 こちらへ行ってきました。

img_00251

あれ? 白い馬がいるはずなのに、、、、 のここは、東山魁夷画伯の絵で有名な御射鹿池(みしゃかいけ)です。

img_00241

ちょうど真ん前で道路工事やってたから風情も何もあったものではありませんでしたが、冬にでも来たら、、、 ここは、寂しいところだろうなぁ、と、思われました。

諏訪大社上社本宮

時間がとれるうちにと、諏訪大社まで出かけました。今年は、七年に一度の御柱祭がありましたし、いったいどういうものなのか、一度は見てみたいと思ってのことです。

img_00013

まだまだ暑さの残る日でした。

img_00032

こちらは、二の柱。右脇のケヤキの樹は樹齢千年だそうで、幹の太さも桁違い。一の柱は、鳥居をくぐってすぐのところ、三の柱と四の柱は、それぞれ奥まった山の斜面に据えられていました。

img_00042

入門御門。奥の方へ導くかのように廊下が伸びています。

img_00052

素晴らしい龍の彫り物。

img_00091

本殿へは、ご祈祷の方しか入れないようになっています。ご神体は鏡のようです。(真正面から撮影するのはやめておきました。)

img_00082

あ、巫女さん! と、どこまでもミーハー。下諏訪の下社とは、なんとなく違う雰囲気の上社でした。

9月16日は新潟市でお人形教室

今年の3月から月に一度の頻度で、お人形教室を開いてきました。初の試みでしたが、6名の方にご参加いただいています。お人形は、未完成の状態で写真を公開したり、お子さんに見せたりしないようにとお願いしてきましたが、そろそろ皆さん完成です。完成後、皆さんの力作をご披露したいと考えております。

cm2

暑い夏の最中は針仕事はなかなか進みませんでしたが、朝夕涼しくなるのと呼応するように、手を動かすようになっています。夏にドイツに滞在した際、シュタイナー関連のお店に連れていってもらい、羊毛フェルトを何枚か買い求めました。これは、深い葡萄(ブドウ)色のフェルトで作ったお人形用のブーツです。

ウォルドルフ人形のための肌着

ウォルドルフ人形には、お洋服の下に、ちゃ~んと肌着を着せます。

cm3

ペチパンツ。裾のレースがスカートの下に見えると可愛いものです。

cm4

あるいは、ごくシンプルなパンツ。

cm5

今回、新しい形のキャミソールを作ってみました。素材は、上質の綿ローンを使っております。

お値段は、ペチパンツ 900円、パンツ 500円、キャミソール 900円です。