避暑地に似合う服

軽井沢にアトリエを持ってた頃、ウォルドルフ人形だけでなく、いろんなものを作っていました。特に、お洋服は、自分で着るだけではなく、数は少なかったけれど「避暑地に似合う服」ということで販売もしていました。

IMG_00013

しばらく休んでいたものの、また作ってみたくなって、ドレスファブリックを取り寄せました。

布は、ネットで注文しますから、届いてみると予想と違う場合がありますが、今回の三点は、どれも良いです。左の大柄の布は、綿麻ですが、薄手で繊細な生地。右のは、細番手の綿ローンのプリントであると同時に、総レースの刺しゅうとなっています。

IMG_00041

左の布で作ろうと思っているデザインが、これ。海外竜也さんの最新刊に載っているチュニック。えり元のリボンがデザインの決め手ですよね。「これ、着てみた~い」と思ってしまった、、、 本で使われているのは、リバティ・プリントですが、左の布で作ると、雰囲気的にかなりいい線行くのでは、、、? さて、いつ完成するのやら。